授業概要

  • 授業科目名
    コンピュータ造形/デジタルファブリケーション
  • 担当教員
    高尾俊介
  • 開講年
    2020
  • 教室
    811教室
  • 曜日・時限
    水曜2限
  • 授業の狙い

    近年ウェブメディアの普及とともに,ものづくりに関する知識が共有されるようになり,パーソナル・ファブリケーション(個人によるものづくり)はより身近なものになってきています.この授業では,デジタルファブリケーションツールである3Dプリンタを用いて新しいものづくりの基礎について学びます.

    3DCADのツールとしてTinkercadを用いて3Dモデリングの基礎を学び,「身の回りのモノを観察し,3Dプリンタで拡張する」を題材に課題制作を行います.

  • 到達目標

    ・2D/3Dのモデリングに関する基礎技術を習得すること
    ・3Dプリンタを使用してモデリングしたデータを出力できるようになること
    ・パーソナル・ファブリケーションの現状を理解し,自分の日常とツールを結びつけて考えられるようになること

  • 評価基準・割合

    授業参加態度 (30%)
    小テスト・小レポート等(70%)
    その他:持参物(USBメモリなど)については、第1回の授業で説明します.

  • その他

    人数制限:20名

授業資料

授業回 授業内容
第1回 イントロダクション/デジタルファブリケーションとメイカームーブメント
第2回 デジタルファブリケーションとメイカームーブメント
第3回 3DモデリングソフトTinkercad(1)
第4回 3DモデリングソフトTinkercad(2)
第5回 3DモデリングソフトTinkercad(3)
第6回 身の回りのものを観察する
第7回 3Dプリンタの出力方法を学ぶ
補足資料 3Dプリンタ 「AnyCubic i3 Mega」の使い方 2020年度版
第8回 モノの寸法を計測する/作るものについて考える
第9回 最終課題制作:身の回りのモノを観察して機能を追加する(1)
第10回 最終課題制作:身の回りのモノを観察して機能を追加する(2)
第11回 最終課題制作:身の回りのモノを観察して機能を追加する(3)
第12回 最終課題制作:身の回りのモノを観察して機能を追加する(4)
第13回 最終課題制作:身の回りのモノを観察して機能を追加する(5)
第14回 最終課題制作:身の回りのモノを観察して機能を追加する(6)
第15回 発表・講評

出席登録