【木3】コンピュータ造形

授業のねらい

近年ウェブメディアの普及とともに,ものづくりに関する知識が共有されるようになり,パーソナル・ファブリケーション(個人によるものづくり)はより身近なものになってきています.この授業では,デジタルファブリケーションツールである3Dプリンタやレーザーカッターを用いて,新しいものづくりの基礎について学びます.


到達目標
  • 3Dのモデリングに関する基礎技術を習得すること
  • パーソナル・ファブリケーションの現状と自分の日常を結びつけて考えられるようになること
授業資料
3Dプリンタ 「AnyCubic i3 Mega」の使い方 RADiCAL – AI-powered Motion Capture の使い方
出席登録